ゲームができるまで DEVELOPMENT

開発の流れ

ゲームができるまでの一例をご紹介します。開発工程は並行して行われることもあります。それぞれ活躍する職種にも注目してください。

企画


コンセプト・概要決定 関わる職種 プランナー


ニーズを分析・調査し、コンセプトを決定。合わせてゲームの概要を決める。
プロジェクトの開始準備として、スケジュールを作成し、予算や工数の見積もり、具体的な数値目標を設定。

開発環境構築 関わる職種 ゲームエンジン開発プログラマー
テクニカルデザイナー


ゲームに取り入れる技術、ゲームエンジン/ミドルウェアなどを検証し、開発環境を構築。

仕様書作成


関わる職種 プランナー


ゲーム内容に基づき、細部の仕様を決定

プログラム作成


プログラム設計・コーディング 関わる職種 ゲームプログラマー


仕様書をもとに実際にゲーム機上で動くようプログラミング

サーバ構築 関わる職種 サーバプログラマー
インフラエンジニア


オンラインゲームで使用するサーバの構築、プログラミング

原画・音楽・
シナリオ等の作成


シナリオ・パラメータ作成 関わる職種 プランナー


シナリオの作成や、操作キャラクターや敵キャラの強さなどのパラメータを調整

原画作成 関わる職種 3DCGデザイナー(モデラー)
3DCGデザイナー(背景)
3DCGデザイナー(モーション)
エフェクトデザイナー
UIデザイナー


キャラクターやその動き、背景から、魔法や煙等の効果(エフェクト)、ボタンやメニュー画面のイラストに至るまで、それぞれの原画を各担当者が作成

音楽作曲・音声収録 関わる職種 サウンドクリエイター


ゲーム内で使用するBGM、効果音などを制作したり、キャラクターの音声を収録

α版作成


β版作成


ゲームの構成を確認したり、プログラムや見た目に不具合がないかのデバック作業を行いつつ、最後まで通してのテストプレイが問題ないか確認

完成

PAGE TOP