Staff
Creator Interview

エフェクト
デザイナー

H . T

ーーーこれまで関わってきたタイトルや過去の業務パート+現在の担当業務内容

STREET FIGHTER シリーズ
3Dエフェクトのデザイン・作成

ーーー関わった仕事で一番印象に残っていること

初めてプロジェクトに配属になった際、先輩方が作られていたデータの中身を見せて頂いたのですが、そのエフェクトが美しく、かつ格好良くて私もこんなエフェクトを作れるようになりたい!と感動したことが印象に残っています。

私は入社当時、エフェクト制作について無知でしたが、実際に制作してみると考えていた以上に多くの要素によって複雑に構成されていることがわかり、それらをひとつずつ経験していくたびに奥深さを知るばかりでした。

現実に存在しない効果を作ることも多いため想像の自由度も高く、エフェクトの動かし方や手描きによるアニメーションテクスチャの描き方など極め甲斐のある職種だと感じています。

ーーーディンプスを選んだ理由・ディンプスに入ってよかったこと

開発会社としてがっつり3Dゲーム制作に携わる環境でありながら3D未経験者を採用してくれる会社は少なく感じたので、その点でとても魅力的でした。

私は3DCGについて、とても興味がありゲーム業界を志望していたのですが、3Dについて学んだ経験はありませんでした。
しかし、学生時代に培ってきたデッサン力には自信はありましたので、それを踏まえて採用していただけたのは嬉しかったです。

実際入社してからは長期の研修期間が設けられていて、現場に出る前に3Dやエフェクト制作について学ぶことができました。
もちろん覚えることはとても多いので大変ではありますが、わからないことは先輩が丁寧に教えてくれましたので問題なく技術を習得できました。

また、説明会や面接で感じた話しやすさや誠実さは大きな決め手だったと思います。他にいくつかの企業で面接を受けましたが、手ごたえがなく結果がでませんでした。
しかし、ディンプスの一度目の面接では優しい雰囲気のおかげで素直に楽しく話すことができ、その上で結果がついてきましたので直感で「ここにしよう!」と決意しました。

ーーー新卒の方に向けてメッセージ

イラストレーションや絵画を学んできた方であれば在学中はとにかく個性や自分の主張を大事にしていくことが求められたと思いますが、デザイナーという職業はアーティストと違い、自分らしさではなくそのキャラクターらしさやゲームの作風、イメージに沿ったものづくりをしていくことが求められています。

依頼された方の期待に応えてイメージを具現化し、かつプラスアルファで魅力をアップさせていくことに喜びややりがいを感じる方はおすすめだと思います。

また、ゲーム・3DCGの業界では年々新しいツールや技術が生み出されて進化を続けていますので、どんどん表現の可能性が広がっています。
常に新たな技術を追い求め、新たな表現を生み出したいという人には是非入社して欲しいと思います。

ーーー中途の方に向けてメッセージ

ディンプスでは、エフェクト専属のデザイナーグループがあるため、エフェクト制作に精通した方々に学ぶことができ、私自身日々勉強になっています。また、グループ内で各々が培った技術や情報を共有する交流の場もありますので、互いに高めあえる環境です。

プラットフォームにおいても、スマートフォン、アーケード、コンシューマーなど多岐にわたって開発を行っておりますので、経験を活かせる場があると思います。

PAGE TOP