Staff
Creator Interview

UIデザイナー

T . T

ーーーこれまで関わってきたタイトルや過去の業務パート+現在の担当業務内容

・FREEDOM WARS フリーダムウォーズ
・ブレイブダッシュ
・スクール オブ ラグナロク

UIデザイナー

ーーー関わった仕事で一番印象に残っていること

アーケードゲームの制作が一番印象に残っています。
アーケードはゲームの置かれている環境がゲームセンターによって様々で、照明が暗かったり、逆に蛍光灯の下に配置されて画面が反射していたりしています。
それに、椅子や筺体の高さは一定なので、身長差によって画面の見え方も違うのだということにも気付きました。
その後は、開発モニターを斜めにして確認したり、椅子の高さを変えて確認したり、どこから見ても見えやすいUIを意識して作るようにしました。
今まで以上にユーザーの視線をより意識して開発できるようになった事が、すごく良い経験になりました。

ーーーディンプスを選んだ理由・ディンプスに入ってよかったこと

ディンプスに入社するまでに、大手と中小会社を経験してきました。
大手会社は作業環境が良く、技術を突き詰めていく喜びはありましたが、作業に特化する環境のためゲームを作るという感覚が薄かったです。
中小会社では職種に関係なく皆でアイディアを出し、ゲームを作っていく喜びはありましたが、技術的な問題でデザイン面を諦める事も多々ありました。
ディンプスは、バランスの良い会社だと感じています。
どこに比重を置いて開発していくか、柔軟に対応できる会社だと思いましたし、技術面で諦めたくない、ゲームも作りたいという理由からディンプスを選びました。

ーーー新卒の方に向けてメッセージ

開発中は必ず、技術や期間的に難しく「できない」事がでてきます。
そんな時に「こうすればできる」という柔軟な考えと、取捨選択の決断に迫られる時があります。
製品の本質を見極めて、臨機応変な対応が出来る人は一緒に仕事をしていて頼もしいと思います。
臨機応変に対応出来るようになるには、引き出しをたくさん作ってください。
自分が興味のある引き出しだけでなく、他人が好きな引き出しにも興味を持って観察してみてください。

ーーー中途の方に向けてメッセージ

開発するゲームは、アーケードゲーム、コンシューマゲーム、携帯機ゲーム、モバイルゲームと幅広く、毎回新しい発見があって、やりがいがあります。
開発メンバーの技術力も高く、やりたい事を実現するためのポテンシャルは高い会社だと思います。

PAGE TOP