Staff
Creator Interview

プランナー

O . Y

ーーーこれまで関わってきたタイトルや過去の業務パート+現在の担当業務内容

■現在の担当業務
現在は主にアップデート開発の進行と仕様作成、新規コンテンツのバランス調整を行っています。

ーーー関わった仕事で一番印象に残っていること

自分が担当したコンテンツが世に出たときに、ユーザーの皆様からの反応が返ってきた瞬間が一番印象に残っています。

自分がネタとして考えたことがユーザーの間で話題になったり、担当したキャラがリリースされたことで、ユーザーの遊び方に広がりが生まれて楽しんでもらえたなど、もちろんいいことばかりが返ってくるわけではありませんが、そういった反応が返って来た瞬間が自分はクリエイターなんだと実感できる瞬間だと思うので、一番印象に残っています。

ーーーディンプスを選んだ理由・ディンプスに入ってよかったこと

いくつもの大手のパブリッシャーのゲームを受託開発していて、なおかつマルチプラットフォームで運用型のゲームやパッケージ販売のゲームを開発できる会社であるということに当時、スマホやコンシューマといった様々なプラットフォームでゲームを開発してみたいと思っていた自分は魅力を感じました。

最近では、スマホのゲームでもコンシューマのようなリッチなコンテンツを求められはじめ、据え置きのゲームではスマホといった運用型のゲームのようにどんどんアップデートをして、コンテンツを増やしていくゲームも増えてきました。そういった業界の流れの中でも、これまでマルチプラットフォームでゲームを開発してきたディンプスだからこそノウハウを生かして、これからもやっていけると実感できることが、入社してよかったと思える点です。

ーーー新卒の方に向けてメッセージ

物事を相手に伝えるための知識や経験を今のうちから蓄えておいてください。
企画の仕事は自分のアイデアや思いを発信して伝える仕事というイメージが強いかもしれませんが日々の業務の中では職種の間に入ってパイプ役になることが多くあります。

これは他人の考えや技術的なこと、開発での出来事を自分なりにまとめて伝えなければならないので、自分の思いを伝えることよりも難しいです。けれども、受け取ったことをまとめるために必要な知識や経験があれば、それが伝えやすくなります。
そして、間に入って何かを伝えることができるようになれば、企画としての判断もできるようになり、次のステップにも繋がっていきます。

なので、今のうちにいろんなことを経験して、学んで、もちろん遊んで、自分の中に知識や経験をどんどん蓄えておいてください。

ーーー中途の方に向けてメッセージ

ディンプスは新卒や中途といった隔たりがなく、誰もが挑戦したいことにチャレンジすることできる会社です。
自分の周りの先輩方も、中途採用で入社された方も多く、チームの中心となって活躍されています。
ディンプスに入社して、ゲーム作りに参加したい!自分のクリエイターとしての力をもっと発揮したい!など熱いチャレンジ精神をお持ちの方はぜひ、一度応募していただければと思います。

PAGE TOP